スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイド文化とクリスマス 

http://d.hatena.ne.jp/tyokorata/20101212/p4

色々興味深い記事。確かに母嫁願望は自分含めて初期の人に多かったような。
ただ今の「メイド文化」はもう半周回ってる気がします。

コメント

引用されている高尾さんレベルの待遇(給与・住環境)を約束してくれる家庭が稀なのは、過去の歴史と同一ですね。

この前、シャッツキステの夜話でも母性の話は出ましたが、メイドが好きな人にも年代の差があって(きっしーさんは創作者をかつて世代分けしましたが)、入り口の違いがかなりあるんだなぁと感じました。

それにしても、「メイド文化」とナチュラルに「文化」という言葉が使われるのは、時代だなぁと感じます。

自分を基準に考えがちなのでなかなか気付きませんでしたが、当たり前のように入り口は違うんでしょうね。久我さんの本が入り口の人が出てきたりすると面白いんですが。
あと自分もまだちょっと「メイド文化」をカッコ無しにする勇気は出ないですw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakaishizue.blog42.fc2.com/tb.php/624-2008b5d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。